ちびこっぷと愉快で楽しい冒険の日々
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
ぷちシネマ「サブウェイ123」


 
ニューヨーク地下鉄。1時23分列車がハイジャックされた。
ライダーと名乗る男(ジョン・トラボルタ)の要求は1000万ドル
身代金を用意するのはニューヨーク市長、人質は19名、残された時間は59分間。
さらに、交渉相手にはただの地下鉄職員ガーバー(デンゼル・ワシントン)を指名・・・。
犯人が仕組んだ完璧なシナリオ通りに「事件」が動き始めるが―――!?[amazon引用]


 最初は良かったんだけどな・・中盤以降、尻すぼみで・・。 ひねりが無いんだな。強盗たちの脱出方法も全然、ひねり足りない。 現金輸送チームの事故シーンもつまらない。 D・ワシントンのヘリに乗る前の妻との電話もつまらない。 エンディングも何だこれ・・みたいな。 トラボルタのヒール役のみいい感じ。 古くは「キャリー」の頃から、彼は根っからのヒールなんだと思う。


にほんブログ村 映画ブログへ
JUGEMテーマ:映画




評価:
---
コメント:トレイラー観て面白そうと思ったんだが・・中の下くらいでした。

ぷちシネマ旬報 comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://cbhk.jugem.cc/trackback/3246
<< NEW | TOP | OLD>>