ちびこっぷと愉快で楽しい冒険の日々
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
おやじの肉じゃが
キリコに早朝、足ダンで起こされて、目が冴えてしまう
何しよ?? ご飯、作る? と言う訳で、「おやじの肉じゃが」
材料は・・・
豚バラ肉(この間の豚丼の残りの肉を冷凍しとったの)
じゃがいも×2、玉葱×1、人参×1/2(キリコ食材からパクり)、糸コン約100g


肉以外は、切った後、全部まとめてマイナスイオン水で洗って
この水を鍋に約半分入れて、すべての食材をぶっ込んで・・
この時点で「カレーにしよかな?」と気持ちが揺らぐが
「あー、だめじゃん!糸コン、入ってるし・・。」と言う事で、カレーは断念。

実を言うと、わし、肉じゃがって、作った事無いので、これがデビュー戦。
「すき焼きっぽい味付けで大丈夫やんなぁ?まぁ、失敗しても食うのわし1人やし。」なんて事言いながら味付けを。
醤油、味醂、日本酒(日本盛「晩酌」)、砂糖(見あたらないのでパルスウィートで代用)、ダシの素も見あたらなかったが、ミツカン追い鰹ツユ濃縮2倍(そばつゆね)があったのでオールおっけー。

途中、何度も味見しながら、「あれ足りない、これ足りない」と格闘。
「もしかして、圧力鍋で作ったら、大幅に時間短縮出来るんちゃうの??」
なんて独り言を言いながら、数十分。。
味が完全に整って、菜箸突き刺したら、おじゃがも人参もええ案配に。
玉葱は、ちょいトロトロ過ぎか・・
(もしかして、玉葱は途中か後の方で入れるのか?・・。)



「オヤジ肉じゃが」(「何でまたピーターラビットの食器に?」とのツッコみは無用)

味は・・・・・・・・まいぅー。(゚¬゚)☆☆☆☆☆
今まで食った肉じゃがのベスト3に入るやろ。

今度、時間出来たら、もっと凝ったヤツに挑戦しまふ。

でも、朝飯には、・・・・肉は重いな。(今晩もこの残り食わんといかんが)

=後記=
晩飯に食ったら、味がしゅんでて、めさうまっ!(゚¬゚)
「食」とか comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://cbhk.jugem.cc/trackback/151
<< NEW | TOP | OLD>>